看護師のための肺炎ナビ

呼吸器系の構造と機能

呼吸器系の構造

呼吸器系は、鼻腔(びくう)、咽頭(いんとう)、喉頭(こうとう)、
気管、気管支、肺で構成されています。

 

肺に出入りする空気の通路を、まとめて「気道」といいます。

 

そして、気道は、一般的に上気道(鼻腔、咽頭、喉頭)と
下気道(気管、気管支、細気管支)に分けられます。

 

気管は、食道の前のほうにある、
喉頭に続く長さ10センチほどの気管軟骨に囲まれた管のことです。

 

第4〜5胸椎の高さのあたりで、
右主気管支と左主気管支に分かれます。

 

そして、葉気管支(ようきかんし)、区域気管支、
細気管支とさらにわかれて、肺胞(はいほう)に達します。

 

分岐角度は、心臓がある左主気管支のほうが大きく、
やや細く長いです。

気管・気管支の分岐

気道を通ることによって呼吸器系では入ってきた空気がろ過され、
加温、加湿され肺胞に達します。

 

そして、肺胞内の空気と血液の間でガス交換が行われます。